双極ブロガー・さのさゆきのプロフィール

こんにちは!

当ブログ『ケセランパセラン』の執筆者、さのさゆきの詳細プロフィールです!

[no_toc]

スポンサードリンク

さのさゆきって誰?

96年生まれ。出身は福島の会津。

新卒半年で会社を退職し、現在はバイト3つ・Web/紙デザイン・ブログ運営を生業に暮らしてます。

また、双極性障害Ⅱ型もうまく飼い慣らしてます。

 

次の章からは「さのさゆきが双極ブロガーになるまでの人生」を振り返っています!

 

さのさゆきの生い立ち

高校卒業までは文武両道の「できる子」

私の高校卒業までの人生は順風満帆。

 

勉強はそこそこできて、高校・大学受験ともに第一志望に合格。

運動もそこそこ得意で、部活で全国大会に出場したこともありました。

 

家族や友人、学校の先生など常に周りの期待に応えるできる子でした。

 

英語の先生になるために進学するも、先生にはならなかった

小学生の時から「先生」という職業に憧れ、夢を叶えるために東京の大学へ進学。

 

しかし大都会東京で色々な刺激に出会い、先生になるという目標はどんどんブレていきました。

短期留学、英語教育ゼミ、教育NPO、バックパッカー旅、海外ボランティア、ベンチャー企業でのインターンなどなど…

さまざまな生き方や価値観に出会ったことで、「私も もっと自分らしい生き方を目指してみたい!」と思うようになりました。

 

しかし同時に、幅広いことに興味を持ちチャレンジしたものの、どれも「やりきる」ことはできませんでした。

「すごいなぁ」と思う人に出会う度に強い劣等感を感じ、何をしていても人と自分を比較しては落ち込んでしまうようになったのです。

自分のできないことや不得意なことばかりに目が行き、自己嫌悪で頭がいっぱいになっていきました。

 

そんなことを繰り返しながら迎えた大学4年の秋、私は完全な鬱状態になりました

 

予定していた休学を取りやめ、とりあえずどこかの会社に新卒で滑り込もうと、重い足を引きずって就活をしました。

しかし当時メンタルが豆腐だった私は、たった1社落とされただけで完全に意気消沈。

新卒での就職を諦めます。

 

憧れを追ってフリーランスのWebデザイナーを目指す

私が大学時代に最も憧れたのは、「旅しながら仕事する」ことでした。

大学4年の冬、当時いちばんの憧れだった人の背中を追ってフリーランスのWebデザイナーを目指すことを決意します。

 

webスクールに通い始め、また大手のWeb制作会社で入社前提でアルバイトとして働けることにもなり、寝食も忘れるほど勉強と仕事に明け暮れました。

 

またもや鬱になり、生き急がずに生きていくことを決意

しかしここでもまた、周りからの期待や評価やプレッシャーで潰れ、鬱を再発してしまいます。

精神科に行き双極性障害Ⅱ型の疑いと診断され、2ヶ月近く抜け殻状態に。

 

実家のふとんの中で何日も横になっているうちに、

「もう周りを気にして無理に頑張るのは辞めて、自分のペースで好きなように生きていこう」

と思うようになりました。

 

そして東京に戻り、バイトをしながらデザインとブログ運営をする現在の生活を始めました。

 

スポンサードリンク

なぜブログを始めたのか

大学時代、友人たちがFacebookで近況報告や決意表明をする中、人目を気にしすぎる私はほぼ投稿をしたことがありませんでした。

発信することによって、他人から評価や批判をされることがとても怖かったんです。

 

しかし私自身、誰かが書いたブログに励まされたり学ばせてもらったりすることが多く、

「もしかしたら自分も経験や考え方を発信することで、誰かの役に立てるかもしれない」

と思うようになりました。

 

今までムダに強い好奇心で後先考えず行動しまくってきたことで得られた経験や失敗、メンタル疾患のこと。

そしてこれから「好き」と「やりたい」を我慢しない生き方を目指す中で試行錯誤していくこと。

 

それらを発信することで、以前の自分と同じように苦しんでいる人が、悩みを解決するヒントになったり。

逆に私とは全く違う人生を送っている人が、「こんな生き方してる人もいるんだな」と知るきっかけになったり。

 

とにかくどんな形でもいいから、「少しでも読んでくれる人の役に立てたらいいな」と思いながら記事を書いています。

 

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございました!

このような人間ですが、よろしければ今後ともお付き合いいただければ嬉しいです。

 

以上、さのさゆきのプロフィール記事でした!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。